腸につまる?実は怖いこんにゃくダイエット

こんにゃく ダイエット

最近流行しているダイエット法に、「こんにゃくダイエット」があります。こんにゃくダイエットとは、低カロリーかつお腹にたまりやすいこんにゃくをたくさん食べることで、摂取カロリーを少なくし、満腹感を低減することで痩せようとするダイエット法です。

しかし、このダイエット法には、危険な側面が存在します。この面を知っておかないと命の危険もあります。そこで、今回はこの危険な面をお伝えし、正しいこんにゃくダイエットをするために必要な知識や方法をご紹介します。

食べれば食べるほど痩せる魔法の食品

ダイエットに興味をお持ちの皆さんは、「食べれば食べるほど痩せる食品」というのをご存じでしょうか?かなり怪しい響きですよね。けれど、この食品は実際に存在します。こんにゃくのことです。

こんにゃくはダイエット食品の代表といえるでしょう。ほとんどカロリーがなく、いくら食べても太らないにもかかわらず、食物繊維が豊富で、便秘解消にも役立ちます。こんにゃくはダイエットにぴったりの食品です。ですから、こんにゃくを主成分にしたダイエット食品も多く販売されており、人気を博しています。

実は怖い食品

けれど、こんにゃくには重大な問題があります。こんにゃくダイエットをしている人はこのことに気づいているのでしょうか。

こんにゃくは腸を詰まらせることがあります。こんにゃくは消化されにくい食品で、胃液でもほとんど消化されません。ですから、口の中で咀嚼した後の形のまま腸にまで到達します。このときに、あまりに大きな塊のまま飲み込んでしまうと腸を詰まらせる原因になります。

また、糸こんにゃくの場合、事態はもっと深刻です。糸こんにゃくは胃から腸へと進んでいく途中で絡まり合ってしまいます。ですから、大きな塊が形成されてしまうリスクが高くなってしまいます。

こんにゃくダイエットを実践するうえで大切なこと

以上を踏まえた上で、こんにゃくダイエットを実践するならば、以下のことを守るようにしましょう。

まず、一つ目は自分の体と相談することです。自分の体調は自分が一番よくわかっています。こんにゃくを食べていて、少しでも気分が悪くなったりした経験のある方は十分に気をつけてください。また、便秘症の人や過去に腸閉塞を経験したことがある人はやめておいた方が無難です。

今までに何ともなかったような人は、心配はいらないと思いますが、もし気になるようでしたら、かかりつけ医に相談してみてください。

次に二つ目は、良く噛むことです。こんにゃくに含まれるマンナンという成分は胃液ではほとんど分解されない強力な成分です。腸閉塞を防ぐためには良くかんで食べることが最も重要です。

こんにゃくは、喉や腸に詰まらせて命を落とす人もいるような怖い食品ですが、最初にも述べたようにダイエットの強い味方となる食品でもあります。痩せるために、賢くこんにゃくを使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました