胸周りの筋力を鍛えて効果的にバストアップをする方法

バストアップ

ステップ1ダンベルを使います

ダンベルとは、両側に重りの金属のかたまりが付いていて、真ん中に持ち手になる棒のトレーニング器具です。鉄アレイといえば、おわかりでしょう。
このダンベルを両手に持ち、両腕を開いてあお向けに床に寝転がってください。ゆっくりと腕を外側から胸の前へと開閉しながら胸の筋肉を鍛えるエクササイズになります。息を止めるのはNGです。息を吐きながら、ダンベルを持った両腕で弧を描きながらゆっくりと寄せてきます。ダンベルの頂点は床と垂直に伸ばして胸の前でピタっと合わせます。ひざは角度をつけて曲げてやると、腰への負担が軽くなります。
ダンベルを持った手は床につけないように常に浮かせた状態をキープしましょう。背中や腰部がマットとの隙間ができないよう浮かせてやってください。腕は曲げずにしっかり伸ばし、普段あまり使わない上腕筋に力を入れましょう。上腕筋とは、二の腕の筋肉のことで肘関節を曲げる時に使われる筋肉です。「力こぶ」のところというと分かりやすいかも知れませんね。

ステップ2上腕筋を鍛えます

上腕筋を鍛えることで、胸の筋肉も鍛えられるので、バストのハリが出てバストの形が良くなってきます。
まず、マットの上に座って背筋をしっかり伸ばしましょう。身体のちょうど正面で両手を合わせて、両肘を垂直に上げます。胸の中心に意識を集め、左右の手に力を込めてぐっと押し寄せます。力をいれながら押し寄せ、体の正面で肘と肘をピタッとくっつけるようにしてみましょう。イメージは、合わせている手のひらを上下させる感じです。このときも、呼吸は大切です。止めてはいけませんよ。できるだけ大きく息を吸い込んで、力を入れるたびに少しずつ息を吐きます。真正面を見つめたまま、背筋を伸ばしたままで数秒キープです。胸を張って、左右の手にグッと力を入れるとき、胸や二の腕の筋肉を意識しましょう。

ステップ3大胸筋のエクササイズ

バストアップに欠かせない、大胸筋のエクササイズです。とても効果的な方法ですから やってみましょう。
左右の手で、タオルの両端をつかんで、腕をまっすぐ下に伸ばしてください。その状態のまま、両手を胸の前に出します。そして万歳をするように腕を上にあげます。はい。バンザーイ。それから後ろに回しまーす。後ろに行ったら、逆の動きで、腕を前に戻してください。これを何度か繰り返してみましょう。大胸筋が鍛えられ、バストアップが期待できます。
はい。これで、『バストアップエクササイズ』は終了です。汗をかいた人は、十分に水分補給をして下さい。疲れたかなと思った人は、十分に休憩を取ってください。筋トレですので、がんばりすぎたり、回数をやりすぎてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました