1日で3kg減も?キュウリでプチ断食

ダイエット

体質改善やダイエットのためには、断食は非常に効果の高い方法です。断食をすることで、体の中の老廃物を排泄することもできますし、摂取カロリーがゼロになります。

しかし、素人が断食をするのは非常に危険です。あまり慣れていない人が断食をすると、体調が悪くなったりして、ふらふらっと倒れてしまうかもしれません。

そこで、そんな断食に慣れていない素人の方でも安全な日数の範囲である半日から1日の断食の方法をご紹介します。

注意点ですが、数日間の断食をする場合は、必ず専門家の指示に従ってください。決して自己判断でしないようにしてください。

ボクサーの減量

ボクサーの方は試合前に大幅な減量を行います。少しでも体重が少ない方が、より下の階級で試合ができますので、有利になります。ボクサーにとって減量は試合の勝敗に関係しますので、非常に重要なものです。

ですから、ボクサーの減量は非常に過酷です。断食は当たり前で、水すらも制限されたりします。さらに、トレーニングにより汗をかき、少しずつ減量していきます。ボクサーのなかには、試合前1ヶ月で10kg以上の減量が当たり前という選手もいるほど、ボクサーの減量は大変です。

あなたがこれを全て真似するのは不可能ですが、一部取り入れるというのはできます。

プチ断食

それはプチ断食です。半日だけか、もしくは1日だけ断食するのです。そして、その断食をサポートしてくれる食べものが、キュウリです。

ボクサーが減量中に、これ以上はどうしても痩せられないといった時には、キュウリを食べていたそうです。キュウリには繊維質と水分が含まれています。これらが胃腸を活発にし、大腸にたまっていた便がでて、体重が減るんだそうです。

キュウリダイエットの方法

では、以下で肝心のキュウリダイエットの方法をご紹介します。

まず、朝食と昼食は完全に抜きます。キュウリも食べてはいけません。多くの方はこれだけの時間なにも食べないことなどほとんど無いでしょうから、非常につらく感じると思います。しかし、ダイエットのことを考えて我慢しましょう。

この時の注意点ですが、水まで制限してはいけません。水はしっかりと飲むようにしましょう。ボクサーは水も飲まないことが多いようですが、これを一般の人が真似するのは危険です。普段食事から摂取する水分も、断食により摂取できていないので、普段飲む量よりも多めの量の水を飲むようにしましょう。

そして、夕食でキュウリを1~2本食べてください。ゆっくりと良く噛んでお召し上がりください。そして、この日はそのまま寝てしまいましょう。お腹がすいて、眠れないかもしれませんが、起きているとまた余計にお腹がすくので、寝てしまった方が得策です。

翌日の朝には、するっと便が出ることでしょう。もちろん、個人差がありますので、便が出ない人もいるかもしれません。しかし、便が出ないという人でも、お腹の調子が非常に良いことに気づくことでしょう。

また、老廃物が体の外に出ていますし、断食により一時的とはいえ胃が小さくなっているはずですので、少しの食事で満足できるはずです。これもプチ断食の効果です。

調子が悪いときに、無理にこのプチ断食に挑戦するのはやめておいた方がいいでしょう。しかし、今日はいけるという日には是非挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました