誰でもできる!下半身の部分やせの方法

足痩せ 脚やせ

はじめに

ダイエットに励んでいる女性の皆さん。皆さんが痩せたいのは胸ですか?それとも太ももですかか?このように聞かれて、なんてことを聞くんだ、答えは決まっているじゃないか、と思われたことでしょう。当然太ももですよね。多くの女性は胸を痩せさせたいとは思っていません。どちらかというと下半身に限って痩せたいと望んでいる人が大半ではないでしょうか。

そこで、今回の記事ではそんな女性のみなさんを対象に、足・ふくらはぎ・太もも・お尻の下半身に限って痩せられる、下半身の “部分やせ”の方法をご紹介したいと思います。

足痩せの方法

まず足痩せの方法からです。

足太りには、脂肪太り・水太り・筋肉太りの3種類があります。それぞれで原因や対処法が異なりますので、以下では種類別に足痩せの方法を紹介します。

脂肪太り

まず脂肪太りです。この状態にある太ももでは、太ももを指でつまむことができ、また膝の周りにも肉があります。太ももの裏側に肉が付いていて硬くなっているのに、筋肉が表面まで浮き出てこない、などが特徴です。

この種類の足太りを解消するための方法は、食べ過ぎに注意することと、適度な運動です。食べ過ぎに注意することは簡単で分かりやすいとは思いますが、適度な運動はどんな運動か?と首をかしげてしまうかもしれません。まぁそれほど難しく考えなくてもかまいません。これは要するに太ももを動かす運動、例えるならスクワットなどです。またこれに加えるとすれば、マッサージやストレッチもおススメです。脂肪を柔らかくすることができます。

水太り

次に水太りについてです。おそらく、この記事を読まれているのは女性の方が多いのではないかと思いますが、女性では特に水太りが起こりやすいのです。それは、女性は男性と比べて筋肉が少ないためで、その結果水が体の中に滞留しやすく、水太りしてしまう方が多いのです。

水太りしている方の特徴としては、夕方以降に靴がきつくなることです。また、足を押してみてへこんだまま戻らないような場合には水太りが疑われます。

解消法として、マッサージが有効です。足太りの中でも血行不良が水太りの原因ですので、それを解消するために筋肉に沿ったマッサージやリンパの流れを良くする膝の内側のマッサージにより、水太りが解消できます。

また、筋肉を使わないと血流が悪くなりますので、歩いて足の筋肉を使うことも水太り解消のためには効果的です。

筋肉太り

最後に筋肉太りについてです。スポーツをやめても食べる量が変わらない方がなりやすい足太りです。

特徴として、筋肉太りでは、見た目は筋肉っぽいけれど、力を入れても筋肉が動かない・見えにくいことが多いようです。つまり、筋肉が筋肉の役割を果たしていないように見えるのです。

これは、筋肉に脂肪が付いてしまっていると考えると分かりやすいです。ちょうど霜降り肉のような状態ですね。筋肉に筋肉以外の成分 (脂肪) が付いてしまい、筋肉が大きく見えてしまうのです。

筋肉太りを解消するためには、運動が有効です。筋肉は使わないと、ますます脂肪が増えていきますので、スポーツなどの運動をすることで脂肪の蓄積を抑制しましょう。また、運動することで脂肪も燃焼しますので、細くもなります。

ふくらはぎ痩せの方法

はじめに申しあげますが、ふくらはぎ痩せは簡単ではありません。食事制限をしただけで痩せることは難しいですし、運動をたくさんしたからといって痩せるわけでもありません。そういう意味では他の部位よりも痩せる難易度は高めです。

また、痩せるための方法も多くはないのですが、ここではその中から厳選した2つの方法をご紹介します。

ふくらはぎ痩せにもっとも効果的な方法は脂肪吸引です。この方法では、リバウンドする心配がありませんし、確実に痩せることができます。

また脂肪吸引には、ふくらはぎが痩せる他にも様々なメリットがあります。脂肪吸引では脂肪を吸い出す前にまず脂肪を柔らかくする必要があり、そのために超音波が当てられます。この超音波は代謝を促進し、老廃物を排泄する働きがありますので、脂肪吸引はふくらはぎ痩せの他にも、しわや乾燥肌、セルライトなどを改善できるメリットがあります。

2つ目の方法は、マッサージがあげられます。マッサージにより体の深部から温まり、脂肪分解や水分の排泄などの効果があります。

マッサージにより、ふくらはぎ太りの全ての原因を解消できると言われています。しかし、すぐに目に見えて痩せることは難しいようですので、根気よく続けることが大切です。

太もも痩せの方法

太もも痩せのためには、運動が最も効果的です。食生活の改善やマッサージだけでは太ももを痩せさせることは難しいでしょう。ですから、太ももを痩せさせるためには、運動に大きなウェイトを置くことになります。以下では太もも痩せのために効果的な運動を2つご紹介します。

まず1つ目です。初めに足を肩幅くらいに開き、両手を頭の後ろで組みます。その体勢で腰を少しずつ落とし、 太ももに最も力がかかるところで止めます。 太ももに神経を集中させて5秒を数えてください。重要な点はは太ももに神経を集中させることです。できれば1日に5回×2セット程度行っていただきたいと思います。

次に2つ目です。この方法はテレビを見ながら、もしくはお風呂あがりにやると良いかと思います。やり方は簡単で、仰向けに寝て、足を片方ずつ、天井に向けて上げ下げするだけです。この時、動きを早くすることで、より効果的になります。

お尻痩せの方法

お尻痩せは骨盤の開きを修正することが大事です。特に、妊娠出産を経験している方ならなおさらです。骨盤が歪んでいるとお尻に余分な脂肪がつきやすくなりますし、足の筋肉を両足均等に使えなくなりますので、効率的に筋肉を使うことができなくなり、余分な脂肪がつきやすくなります。ですから、お尻痩せのためには骨盤を矯正することが大事です。

ここでは、おしり痩せのための骨盤矯正運動を2つご紹介します。

1つめはイスに座った状態で足を床から浮かせる運動です。具体的には、イスに腰掛けて膝を90度を保持したまま足を床から3cm程度浮かせて、15秒程度キープしてください。これを数回続けてください。

2つめはおしり歩きです。足を前に投げ出して座り、お尻を床からあまり浮かせないようにして 腕を振りながら、お尻を使って前後に進んでください。

1つめの方法も2つめの方でも骨盤を元に戻す効果、すなわち骨盤矯正効果があります。ぜひ実践してみてください。

また、普段から気をつけておくべき事もあります。それは歩くことです。長時間歩くことは難しいかもしれませんが、意識すれば短時間でも効果的に歩くことができます。例えば、大股で歩くとか早歩きするとかです。

また、歩いているときはもちろんですが、ただ立っている時でも内側に重心をかけるようにすると骨盤が矯正されておしり痩せに繋がります。これも普段の日常生活でできることですので、実行してみましょう。

以上で見てきたように、これらの部分やせは、日常生活で実行できることです。ダイエットの期間だけ実行するのではなく、これらの行動を日常生活に取り入れ、習慣にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました